物流部門のデータ セキュリティに関する 4 つのベスト プラクティス
物流部門のデータ セキュリティに関する 4 つのベスト プラクティス

物流部門のデータ セキュリティに関する 4 つのベスト プラクティス

セキュリティのベスト プラクティスを確認することは、企業内のデータを保護するための理想的な方法です。 データ セキュリティの実践は、組織の規模に左右されるべきではありません。 企業の規模に関係なく、サイバー データ トラフィッカーは、大企業から中小企業まで同様に攻撃し、データを盗もうとします。 中小企業は、企業のデータへの侵入に役立つこれらのセキュリティ対策に十分に投資していないため、ターゲットになっています。 したがって、誰にでもできるセキュリティ慣行に適応することは、今すぐに必要なことです。 ハッカーは、大規模な消費者ベースの消費者情報を入手して攻撃し、より大規模な金銭的虐待に使用します。

データ セキュリティ プラクティスの強度を判断するための最初のステップは、会社が所有および処理するデータの機密性の程度を判断することです。 データのアクセシビリティと機密性は、組織内で実施する必要があるセキュリティ データ プラクティスのさまざまな強度レベルを決定できる 2 つの主要な機能です。

一般的に、ビジネスに関連するデータの保護は、いくつかの手順で評価できます。

データの機密性の評価。 データ利用ポリシーの策定。 データ アクセスを監視します。 データの物理的な保護。 エンドポイント セキュリティ ソフトウェア システムを使用してデータを保護します。 サイバー セキュリティ ポリシーのドキュメント。 考えられるリスクとそのデータへの影響を特定します。 ベスト プラクティスとポリシーについて従業員を教育します。 多要素認証の使用。

続きを読む: サプライ チェーン管理プロセスにおけるビッグ データの主な課題

ロジスティクス部門のデータ セキュリティのベスト プラクティスを見てみましょう。

組織に関連するすべてのものを調査または精査する

最初のステップは、組織を 3 つのレベルで検査することです。 最初のレベルは、顧客情報、クライアントの見積もり、財務などの機密データの処理に直接関係する従業員の慣行を調査して確認することです。2 番目のレベルは、機密データにアクセスできるサービス プロバイダーを精査することです。 HVAC の専門家や、ビジネスのすべてのデリケートなスペースにアクセスできる用務員のように。 ビジネスに統合されたすべての IT 製品の第 3 レベルの検査。 そのようなプログラムや製品を注入するリスク、およびそれらによって収集されるデータの種類は、それらを組織に採用する前に検討する必要があります。

実践のモニタリング

組織のさまざまなレベルの調査は、物流部門でデータを保護するための最初のステップにすぎません。 データやセキュリティの侵害がないことを確認するために、これら 3 つのレベルすべておよび関連する領域に対して定期的な監査または精査を実施する必要があります。 組織は、重要なセキュリティ制御に適応し、機密データへのアクセスを制限して、会社の機密データを保護することができます。 ベンダー契約で定められた要件と条件に対処しない場合、サプライヤーやその他のサービスプロバイダーに契約上の罰則が課される可能性があります。

セキュリティ ポリシーの多様化

すべての企業は、組織のさまざまな領域と、情報が対象となる人々のタイプに関して、データ セキュリティの実践を区別する必要があります。 サプライ チェーンを扱う組織や、 物流ソリューション. 各サービス プロバイダーまたは企業の担当者のセキュリティ プラクティスを多様化することは、データの保護に役立ちます。 過度の複雑さに固執すると、データ保護のセキュリティ ポリシーに悪影響を及ぼす可能性もあります。

業界および政府との提携

産業の巨人や政府と提携することで、サプライ チェーン セクターのデータ セキュリティ ポリシーを次のレベルに引き上げることができます。 これらのパートナーシップは、組織がさまざまな方法で繁栄するのに役立ちます。 業界の巨人は、データ インテリジェンス レポートをパートナーと共有し、パートナーが自分の組織や会社の計画を立てるのに役立ちます。 サプライ チェーン企業は、政府と協力して、システム全体に役立つ標準やポリシーを策定することもできます。 業界全体のサプライチェーン保護に役立ちます。

続きを読む: 2022 年のサプライ チェーンとロジスティクスのテクノロジー トレンド トップ 10

最善のデータ セキュリティ プラクティスの設定は継続的なプロセスです。 ポリシーと慣行の構築は、社内およびサプライヤーまたはサードパーティプロバイダーとの差別化を開始しようとするものではありません。 ポリシーの柔軟な構造を適応させることで、会社が高いスケーラビリティを持ち、会社がさまざまな成長と拡大を期待している場合でも、システムが完全に機能することが保証されます。

関連記事
物流部門のデータ セキュリティに関する 4 つのベスト プラクティス
Mon Jul 11 2022
オンライン ビジネスに最適な貨物追跡ソフトウェアの選び方
パンデミックの発生以来、eコマース部門は活況を呈しています。 社会的距離のガイドラインと、個人が安全な家から出ることをためらうことが、オンライン ショッピングを話題にする上で極めて重要です。
物流部門のデータ セキュリティに関する 4 つのベスト プラクティス
Mon Jul 11 2022
ロジスティクスおよび輸送会社が俊敏性と制御を向上させる方法
「敏捷性」という用語は、素早く簡単に動くことを意味します。 ロジスティクスおよび輸送会社の俊敏性とは、予測された時間内に顧客に到達し、予期しない状況や混乱を招く状況を制御できることを意味します。
If you found this article helpful, please share it:
logipulse-footer-images

更新する

ニュースレターを購読する

申し込む

のための強力なロジスティクス管理ソリューション

ロジスティクスは、商品をある場所から別の場所に移動する方法のビジョンにすぎません。ロジスティクスソリューションは、ロジスティクスプロセス全体の管理を支援します。優れたロジスティクスソフトウェアは、出荷、可視性を追跡および管理するだけでなく、会社の財務状況を最新の状態に保つのに役立ちます。

Logipulseにはこれ以上のものがあります。ワンストップのロジスティクス管理ソフトウェアであるLogipulseには、運用効率、生産性、スケーラビリティを強化すると同時に、より優れたエクスペリエンスとコストパフォーマンスを実現する多くの機能があり、市場で理想的なロジスティクス管理ソフトウェアになっています。

当社のロジスティクス管理ソリューション

Logipulseは、貨物輸送以外にもさまざまなロジスティクスソリューションを提供しています。また、3PLと倉庫保管、NVOCC、引っ越し業者と移転および通関手続きも紹介されています。ロジスティクス管理ソフトウェアに必要なすべてのものの真のワンストップ先。

貨物輸送ソリューション

Logipulseロジスティクス管理ソフトウェアを使用すると、社内の担当者、クライアント、およびサプライヤ間でリアルタイムに情報を交換し、単一のシステムからすべてのロジスティクス操作を管理できます。

3PLソリューション

3PLおよび倉庫保管用のLogipulseソフトウェアソリューションには、倉庫業務を最初から最後まで処理し、請求書を自動的に生成してデータを経理に転送するために必要なすべてのオプションが含まれています。

NVOCCソリューション

当社のロジスティクス管理ソフトウェアは、母港から目的地の港までのコンテナの予約、追跡、および管理を支援します。ロジスティクスソフトウェアを使用すると、財務状況を追跡するのも簡単になります。

通関ソリューション

通関機能のロジスティクスソリューションでは、特定のフィールドでフィルタリングまたは検索できます。さらに、書類の簡単な添付、財務モジュールと自動統合される料金の追加により、このモジュールはすべての通関要件の簡単な停止先になります。

引っ越し業者と移転ソフトウェア

Logipulseは、調査、梱包、出荷、請求、会計、ベンダー管理、保管などの複数の機能を1つの適切に編成されたプラットフォームに自動化および統合する、ペーパーレス操作を容易にします。私たちのロジスティクスソフトウェアは、これ以上のことを容易にします…

Logipulseロジスティクスソリューションの主な機能

Logipulseは、優れたテクノロジーを備えたエンドツーエンドのロジスティクス管理ソフトウェアです。当社のロジスティクスソリューションは、貨物輸送のあらゆる側面で日常業務を簡素化することを目的としています。私たちの傑出した機能は、多言語インターフェース、複数の場所、複数の通貨の財務モジュール、カスタマイズされたレポートエンジン、およびサービスプロバイダーからのレポートのカスタマイズに通常費やされる時間を節約するデータ分析KPIダッシュボードです。

もう1つのユニークな機能は、デスクトップ、タブレット、モバイル、PDA、スキャンデバイスなどのさまざまなプラットフォームでロジスティクスソフトウェアを利用できることです。これにより、移動中の作業が簡単になり、アクセスしやすくなります。

企業向けのロジスティクスソリューションのメリット

優れたロジスティクス管理ソフトウェアの利点は、手間のかからない操作、優れた倉庫と在庫管理、貨物管理、および1つのプラットフォームでの財務です。これらはすべて、パフォーマンス、生産性、効率を向上させるだけでなく、コストを管理し、顧客体験を向上させます。

Logipulseのユニークな点は何ですか?

Logipulseは、絶えず変化する業界の需要を乗り越える、優れた健全なロジスティクスソリューションです。 10年間の調査と市場のニュアンスの理解の後に設計された多くのユニークなツールを備え、今後5年間続くロジスティクスソフトウェアを構築します。

FAQの

物流管理システムとは?

ロジスティクス管理システムは、集荷から配達までのロジスティクスプロセスを最適化するソフトウェアツールの組み合わせです。優れたロジスティクスソフトウェアには、運用、在庫管理、貨物輸送、追跡、および財務の主要な要素が含まれます。

ロジスティクスソフトウェアの重要性は何ですか?

タイムリーで正確な情報とこの情報の伝達は、ロジスティクスにおいて不可欠かつ不可欠です。優れたロジスティクス管理ソフトウェアであるLogipulseは、可視性、意思決定、生産性を向上させ、コストを削減します。

ロジスティクスシステムに関連する主な活動は何ですか?

優れたロジスティクスソリューションは、出荷予約処理、倉庫管理、貨物の取り扱いと輸送、在庫管理、ラストマイルと配達の適切な管理を監督します。

Logipulseは他の貨物輸送ソフトウェアとどう違うのですか?

Logipulseは、クラウドでホストされるSaaSロジスティクスソフトウェアであり、ロジスティクス企業向けのエンドツーエンドソリューションであり、中小規模の貨物輸送業者を対象とした優れたテクノロジーを備えています。

ロジスティクスシステムは複数の言語で利用できますか?

Logipulseは、複数の言語をサポートする唯一のSaaSベースのロジスティクスソフトウェアです。言語を簡単に切り替えることができます。ほとんどのロジスティクス業務は多くの場合、複数の国境を越えていることを念頭に置いて、当社のロジスティクス管理ソフトウェアを使用すると、世界中の支店間の連絡が容易になります。

ロジスティクスシステムは何を提供しますか?

優れたロジスティクス管理ソフトウェアには、輸出入貨物の管理、倉庫管理と在庫管理、貨物運送業者の管理、およびサードパーティのロジスティクスサービスプロバイダーの管理が含まれます。

whattsapp